シネフィルWOWOWで『Endeavour/刑事モース』Case1-Case13連続放送中

シリーズ2制作決定!『Endeavour』ショーン・エヴァンス&ロジャー・アラム

投稿日:2013-06-05 更新日:

今日は祭りです!

『Endeavour』のプリクエルが「新米刑事モース~オックスフォード事件簿~」として2013.08.31にWOWOWプレミアで放送されることが明らかになり、そしてそして!

『Endeavour』シリーズ2、制作決定!今年後半にOxfordで撮影予定!

Starring Shaun-Evans and Roger Allam produced by Mammoth Screen

ITV’s critically acclaimed crime drama, Endeavour, will return for a second series following the phenomenal success of the first series starring Shaun-Evans and Roger Allam.

ITV Press Centre:ITV recommissions Endeavour for a second series

主演はもちろんショーン・エヴァンスとロジャー・アラム。S1のプロデューサーDan McCullochは惜しくもシリーズ1でこの作品を去りましたが、S2では『Shadow Dancer』のCamille Gatinがプロデューサーとして着任。監督は今後決まる予定。

シリーズ2も120分(本編は90分強)×4本。またあの美しいオックスフォードを舞台に、サージェントになれずDC止まりのEndeavourとDI Thursday、そしてEndeavourより先に昇進してしまったDS Strangeと共にさまざまな事件を解決していくことと思われます。

盆と正月がいっぺんに来た気分の本日。朝から色々手につかなかったのに、興奮しすぎてさらに何もできない状態に…汗

シリーズ2、楽しみですっ!!!

日本でシリーズ1が観られる日も早く来ますように…

【追記】
興奮しすぎて、脚本家ラッセル・ルイスのS2予告を載せるのを忘れていました。ITV Pressにもありますが、EndeavourとDI ThursdayのスチールがあるRadio Timesから。

“We’re truly delighted by the audience’s reaction to the first quartet of Endeavour stories, and very grateful to ITV for the opportunity to embellish the legend,” said Lewis. “As to where we’ll be going next time out…? 1966. The year of Revolver. In the Bodleian. With Miss Scarlet. They think it’s all over…? It’s only just started, matey!”

Radio Times:Endeavour series two confirmed

次の舞台は1966年。「The year of Revolver. In the Bodleian. With Miss Scarlet」の意味は鋭意検索中。終わりでなくて、「始まったばかりだ、matey!」と。ストレンジの口癖ですね、matey。DS Strange役のSean Rigbyも戻って来るでしょうか。(あ、ショーンが2人いる、この現場・笑)

ITV ドラマ部門責任者のSteve Novemberからはこんなコメントが

“The audience’s response to the classic crime partnership of Endeavour and Thursday has been incredible and we’re thrilled at the prospect of more Endeavour stories written by Russell Lewis and produced by Mammoth Screen.”

Radio Times:Endeavour series two confirmed

『Endeavour』シリーズ1は全4話とも視聴率20%超。最初の3話は500万Viewをキープ。もちろん、25周年記念だったプリクエルの30%超には及びませんでしたが、数字としては全く悪くない結果だったと思います。

また、いじめられっ子が観られるでしょうか。ま、いぢめられるだけの生意気さが溢れてるので、多少先輩やら上司やらにいびられるのはあの性格上仕方ないと思いますが…

関連記事

-News
-

Copyright© Shaun Evans Japan , 2019 All Rights Reserved.