シネフィルWOWOWで『Endeavour/刑事モース』Case1-Case13連続放送中

08.31WOWOW放送はプリクエルとS1E1「Girl」の2話を一挙放送!『Endeavour/新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』

投稿日:2013-06-24 更新日:

WOWOWさんに『Endeavour/新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』の詳細が出ました!

2013.08.31(土) 午後2時から放送されるのは、2012.01.01に放送されたプリクエルと、シリーズ1第1話「Girl」の2本。

イギリスでシャーロック・ホームズを凌ぐ人気のモース警部。その新米刑事としての活躍を描くミステリー。

 英国の作家コリン・デクスターが生み出し、“英国で最も好きな探偵”第1位に選ばれたこともあるモース警部。その人気はシャーロック・ホームズを凌ぐほどとの呼び声も。TV化した「主任警部モース」(DVD題「モース警部シリーズ」)は1987~2000年に全33話が作られ、日本でも人気を博した。本作は時代をさかのぼり、新米刑事時代のモースを描いた前日譚である正統派ミステリー。2012年1月から全英ITV1局で放送され、第1話はその時間にTVを見ていた人の4人に1人が視聴。根強いモース人気を証明した。原作者のデクスター自身がコンサルタントを務め、モースが既にクラシック音楽やクロスワードパズルを好きだったり、「主任警部~」の脇役も顔を見せるなど、原点からモースの世界が展開。「主任警部~」でなかなか明かされなかったモースのファーストネーム、エンデバーを冒頭から明かすのもユニークだ。

<ストーリー>

「Case 1 華麗なる賭け」
 1965年。オックスフォード大を中退したエンデバー・モースは警官になり、オックスフォードのカウリー警察署の応援要請により15歳の少女メリーの失踪事件の捜査に当たる。捜査を進める中、メリーの元交際相手であるマイルズが拳銃自殺。モースはメリーが持っていた高価で難解な詩集に疑問を抱き、直感的な推理で事件の真相に迫る。

「Case 2 毒薬と令嬢」
 秘書学校に通う20歳の学生マーガレットが心臓発作で突然死してしまう。さらにその後、ゴッドストウの公衆トイレでドクター・カートライトが何者かに射殺される。2つの事件に関係はあるのか。モースはカートライトの妻ヘレンとその妹パメラ、姉妹の父親で有名な物理学者のエドマンドに対面するが、彼らの異常な関係性に驚かされる。

監督:コルム・マッカーシー(Case1)、エド・バザルゲット(Case2)
脚本:ラッセル・ルイス
製作:ダン・マカロック
音楽:バリントン・フェロング
キャラクター原案:コリン・デクスター
出演:ショーン・エヴァンス (エンデバー・モース役/声:矢野正明)
ロジャー・アラム (フレッド・サーズデイ警部補役/声:土師孝也)

WOWOWプレミア:新米刑事モース~オックスフォード事件簿~

残念ながら吹替えなので、DI Fred Thursdayのあの魅惑的な声は聴けませんが、遂に、遂に『Endeavour』日本上陸です!

『Endeavour/刑事モース』

© ITV/Mammoth Screen

本国放送はプリクエル→1年後にシリーズ1ですが、話の中ではプリクエル→1週間後に「Girl」なので、一挙に並べた方が分かりやすいですね。し、しかし、私の大好きな流血&涙目Endeavourと保護者なDI Thursdayが出てくる「Fugue」はないんですか?それとも次の週?

シリーズ1の第2話から4話も全部放送されますように!!!視聴率次第でしょうか…

【追記】
WOWOWプレミアのトップページにも、「今後のプレミア」として『新米刑事モース~オックスフォード事件簿~』が出ています。

関連記事

-News
-,

Copyright© Shaun Evans Japan , 2019 All Rights Reserved.