『Endeavour/刑事モース』S6 F3&F4/Case26&27 2020年7月24日(金・祝) WOWOWで日本初放送

[S7]ネタバレ注意:モースシリーズ原作にサーズデイ警部補が存在しない理由がS7で描かれる?

コリン・デクスターによる小説のモースシリーズと、オリジナルのドラマ『Inspector Morse/主任警部モース』を観たことがある人は、一度ならず感じたかもしれない疑問。

なぜ、原作小説と老モースのドラマにDIサーズデイが出てこないのか?

ストレンジも、検察医マックス・デブリンも『Inspector Morse/主任警部モース』には登場しているのに。

この謎が、2020年2月9日からUKで放送開始となる『Endeavour/刑事モース』シリーズ7で解き明かされるようです。

軽くネタバレになる内容が続きますので、放送まで一切内容を知りたくない方はお戻りください。

ネタバレ注意

クソ生意気で空気の読めない、突飛すぎる発想で先輩や上司の話も聞かず勝手に捜査をするEndeavour Morse。けれど、その類まれなる推理力や観察力の鋭さを認め、時に励まし、時に叱り、辛抱強く若モースを導いてきたDI Thursday。

警察組織の腐敗に憤りを感じているのはサーズデイ警部補も同じ。ただ、様々な事情もあり、カウリー署がなくなった後から最初の頃よりすれ違いや不信感がEndeavourとDI Thursayの間に生まれ横たわっていた気配が…

と思っていたら。

どうやらシリーズ7第1話で、2人の関係が深刻なものになる様子?

it looks like the unlikely buddy-cop alliance is coming to an end, after Shaun Evans teased that tensions may hit breaking point between the two during the upcoming series seven.

Speaking to RadioTimes.com, Evans explained that the new series would reveal why Fred isn’t mentioned in the original drama series Inspector Morse (starring John Thaw) or in author Colin Dexter’s book series of the same name — potentially spelling a major fall-out between the two detectives.

Radio Times: Shaun Evans: Endeavour will explain why Fred isn’t in Inspector Morse

シリーズ7第1話では、DI Thursdayが以前担当した事件をEndeavourが見直すことになるようです。

原作およびドラマで、モースが決して言及しなかったメンターの存在。何が彼らのbreak pointになったのか…

実の父親との関係が決して良いものではなかったと思われるEndeavourにとって、シリーズ初期ではDI Thursdayの存在は父親のようなものだったのでは?と思うのです。

時が流れ、人は変わる。

一体、この2人に何が起きるのか…

楽しみであり、不安でもあるシリーズ7です。。。。

関連記事

-News
-

Copyright© Shaun Evans Japan , 2020 All Rights Reserved.